派遣社員として働いた結果

派遣社員として働いてみて

派遣社員として働いてみて

私は以前、派遣社員として働いていました。求人誌で派遣会社がたくさん出ている時代でした。派遣先の企業でも派遣で働く人がとても多かったです。フルタイムで働いて、残業代も合わせると月に20万以上は稼げました。時給は絶対に1000円以上もらえましたし、残業代は割増してもらえます。有給休暇もしっかりあります。パソコンを勉強できるセミナーなどもあり、仕事をしながらスキルアップもでき、とても良いと思います。しかし派遣会社から派遣されて働きに行くという事は、直のアルバイトよりも責任も重く、ある程度のスキルがあると見なされてしまうので、難しい部分もあると思います。そして、3か月ごとの更新だったので、毎回ヒヤヒヤしていたような覚えがあります。もういらないと言われればそれまでです。アルバイトでは、いらないと言われる事はほとんどないと思うので、精神的には派遣社員として働くほうがしんどかったです。短期で働く人にはお勧めですが、長期で働く人にはあまりお勧めできないと思います。しかし、きっちり仕事をして実績を積めば、直接正社員として雇ってもらえる制度もありますし、今の派遣先の就業期間が終わればまた違う職場を紹介してもらえるというメリットもありますので私もまた仕事復帰するなら派遣社員として働きたいです。

派遣で輝けるようになる

派遣のメリットは自分の経験、能力を活用しいろいろな企業職場を経験できること。同じ業種でも企業により仕事の進め方は異なって、なかなか就職難し大企業から業界への新規参入など勢いあるベンチャー企業まで多彩な経験つめるのは派遣独自のメリットであり、業界独自の仕事の進め方を学べます。独立目指さない方も自分のスキル向上に伴い身につけた能力をさらに活用できる環境へステップアップが可能で、このとき大きな力となるものが派遣会社。サポートスタッフと相談して一層自分の力が発揮できる環境に身を置けて、将来をきりひらくことも夢ではありません。人生プランをしっかり考え企業、職種を選べる派遣制度はキャリアアップの強い味方になるはずです。また、派遣ではたらくメリットは他にもあって、業種、仕事内容、企業風土のミスマッチからくる悩みから転職を繰り返す方が多いですが、派遣なら人間関係で躓いても、そのうまくいかない原因を派遣会社と共有し相談して、もっと自分に合った環境を選んだり同じ失敗しない対策を打てるのがメリット。そして、自分一人で背負うのではなく、失敗の原因を背負わずに常にサポートしてくれる社会スタッフ頼り添ってくれるはずナノで安心できます。

派遣という働き方

派遣写真という言葉がすでに認知されて大分たちますが、派遣社員というのは派遣元の企業が給料を支払い、就業先の会社に人材を送るシステムです。
昨今はこのシステムについてきちんと契約書はかわしますが、あまり説明がないところも多くどこが派遣先でどこが就業先なのかわからずに働いている人もいるようです。
但し、大多数の派遣会社については、きちんとルールにのっとり社員を派遣していると思います。
このシステムで多いのは、コールセンターなどでしょうか?
昨今は求人ももの凄く多くありますので、派遣社員の求人情報自体は非常に多くあるように思いますが、離職率の面からいくと非常に高いのではないかと思われます。
やはりその分流動的な人材が多くなりますので、その中できちんとした人材を育成する必要があるように思います。
派遣社員というのは、立場上社員に対しては何も言えないことが多いので、就業先でどのようにふるまえばよいかわからない点も多くありますが、昨今は企業内でも派遣社員の仕事ということできちんと認識のもと、業務を行っているところが多いように感じます。
あとは待遇面などアルバイトとはまた違う雇用形態ですので、改善すべき点はきちんとしてほしいと思います。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ