派遣社員として働いた結果

派遣の仕組みをよく把握できる

派遣の仕組みをよく把握できる

昨今労働環境変化して雇用形態が様々ですが、その中の派遣社員という雇用形態についてですが、まずは派遣の仕組みですが、これら三者がかかわって成り立ち、派遣社員と派遣元と派遣先です。派遣社員は仕事をする方t地で、派遣元は派遣会社。そして、派遣先は実際仕事をする会社。どこに雇用されてるかは派遣元の派遣会社に雇用されて、指揮命令などの指示は派遣先が出します。ですから給料は派遣元から払われます。そして派遣の特徴ですが、持久性がほとんどで、高く設定されてることが多く、何か月更新などの有期雇用で、3か月をよく見かけたりしますが仕事内容はほかの雇用形態同様様々軽作業から接客や事務安ど。曽hして営業が派遣先、派遣社員の間を取り持って、派遣社員の皆さんに仕事紹介してくれます。派遣先が受け入れ決定すればしごとスタート。営業もいろいろな人がいますが、この派遣先はこの営業といったように担当や持ち場が決まります。何か仕事でトラブルが起きたときも営業に連絡することが多いです。おおざっぱなくくりでは紹介予定派遣も派遣に含まれていて、これはある一定期間満了後、派遣先で直接雇用するといった前提があります。多くの場合は正社員で契約社員であることも。 


ホーム RSS購読 サイトマップ