派遣社員として働いた結果

派遣でメリットを感じ取れたこと

派遣でメリットを感じ取れたこと

派遣で働く期間は3〜6か月が多く、もしも派遣先、派遣社員双方合意あればこの期間短くなったりします。そして派遣でなく腫れて直接雇用になって、紹介予定派遣はメリット大きい分普通のとは違って履歴書の提出もとめられたり、面接があることも。そして、試験に通らないと紹介予定派遣として派遣されることはないです。まずやとってみるという派遣と少々スタンスが異なります。私が派遣社員で働いたときメリットにおもえたことは、好きなとき仕事にはいれること。非正規ということで比較するときバイトならシフト制でも何曜日は絶対はいってなど制約があるでしょう。ないにしてもバイトは完全に自由なシフトはむずかしいことがあって、その点派遣社員は専用サイトでこの日空いてるので何か仕事内かと探せるのが多い異なメリットです。単発で入ることも可能ですし、同じ仕事を別の日も募集していて、これもということも可能。そしていろいろな仕事を広く浅く経験できて、単発の仕事ばかり選ぶとピッキングも経験できたり引っ越し梱包も可能。わたしは同じ人と同じようしごとするということは少なかったです。そして長期で入ったらほかの派遣会社から来てる方もいて、人間関係が広がって同じ職場で同じ派遣社員でもおおもとの派遣元が違うことはよくあって、同じ派遣会社の方しかいないといった職場の方が少ないように感じます。時給が高い点もメリットで同じ仕事をバイトでしたらおそらく派遣のほうが時給が高くて、単に自給だけ考えたら正社員より高いケースが少なくないです。 


ホーム RSS購読 サイトマップ