派遣社員として働いた結果

派遣の不都合さもある

派遣の不都合さもある

派遣のデメリットは安定しないことがあって、有期雇用ならどれでも言えますが、仕事が来る保証はなく単発なら特に仕事したい日しごとの空きがないということはあり得て、仕事により給料も違いがあって付き絶対このぐらい稼げるというのは難しいです。仕事が来るかどうか、派遣会社の担当営業の人柄により、仕事は営業車が仲立ちをして、私は今4社の派遣会社に登録していて、連絡してくる頻度は人それぞれです。仕事紹介電話が来ない、こちらから連絡してみてやっと条件に合った仕事を探し出すといった方がいないと言い切れないです。私が派遣社員、正社員で異なると思ってる点は給与計算で、給与計算は正社員なら〜時間の残業代を含む基本給が存在するところも。そして16時間の残業代込みとなれば16時間以上働かなくては残業代がつかなくて、だいたい〜時間残業代みなしとつけば多くはそれ以上残業することはないですが、その点派遣は時間給で給与計算してるせいか、とても時間にシビア。派遣先によりますが、今日はプラス15分で上がっていいなどということもあり得て、私が1回某派遣会社で引っ越し手伝いしたときひどい労働環境ということがありましたが、残業代がしっかり割り増し量で計算されてました。その時の給料は初めからもらえるとわかってた給与より残業代のほうがはるかに高くついてました。 


ホーム RSS購読 サイトマップ